2013年10月14日

今のアメリカから感じる事

本日は久しぶりに時事ネタです。
最近、アメリカのニュースを良くご覧になりますよね。
アメリカは以前の日本の様に、前回の選挙にて上下院にねじれが発生してしまっており、与党民主党が目玉にしているオバマケアと呼ばれる目玉政策が野党共和党の目指す政策とズレが発生しており、予算案が通らず与野党とも強硬姿勢を崩さずにいている為、政府機関の閉鎖をせざるを得ない状況となっております。
そのため政府が運営している自由の女神の観光やヨセミテ国立公園内の宿泊施設などが運営を休止している様です。

また、この事態に追い打ちをかける様に17日には連邦債務の上限超過のデフォルト危機も迫っております。
とはいえ、野党側もデフォルトをさせないために債務上限の期限延長などの妥協案を提出する一方、オバマケアに対する一部修正を求めており、与党側は更なる期限及び金額は無制限、そしてオバマケアに対する修正はしないと強気な発言を繰り返しております。
結果的には、与野党の意地の張り合いで政府機関の閉鎖や観光などに対する影響が色濃く出てしまいました。

エコノミストなどのコメントを見ていても、デフォルトを実行する可能性は極めて少ないとはいえ、ねじれ議会による混乱等もあるのでゼロとは言えないと話しております。
ではこのデフォルトが実行されるとどうなるのでしょうか?
簡単に言えば債務不履行はキャッシュフローが回らなくなり、国債に対する利息払いや国が支払っている社会保障、公務員の給与などが払えなくなります。そうすればアメリカの信用は落ち株式市場に混乱が発生します。
今回アメリカが万が一デフォルトをすればギリシャの時とは少し違う形での金融ショックが発生すると言っている専門家も多数いらっしゃるようです。

私自身、株式市場や需要供給のバランスが崩れてしまうと、すぐに資源価格にも反映され非常にリスキーな状況となるため何とか乗り越えて欲しいと思っております。
また、いち国民として思う事は国民を代表している政治家の皆さんがリーダーシップを発揮できず、そして国民に対して迷惑を掛けているにもかかわらず、未だに折り合いをつける事が出来ていない方々に少し幻滅です。。。
日本でも民主党政権の時はねじれが発生していた為、政策、失策に対する足の引っ張り合いにより物事が全く決まらないと言う状況が続きましたが、現在アメリカでも上記のような状況が発生しているんだと感じました。
こんな時こそ、利他の精神を強く持ち、力強いリーダーシップで進んで行っていただきたいと感じます。

ここまで大多数の方に影響するような事ではありませんが、社内の出来事でも同じだと思います。これが社員さんの為になると思い誰よりも考え抜けているなら、リーダーシップを発揮し多少強引でも実行する事が求められると思います。
現アメリカの様に行動すら出来ない状況では企業は衰退していくのみ。しっかりと状況の把握をしながらベストな決断をし、一歩づつ前進し続ける事が非常に重要なんだと改めて感じました。

また我が国、日本の政治家の皆様にも現在のアメリカを見てどう思われるのか、決めれない政治を実施してきた政治家の皆様がどのように感じるのか、インタビューを聞いてみたいです。
とんでもない意見がポンポン出てきそうな気がします(笑)
日本をはじめ、債務不履行の期限が目前に迫ったアメリカにも利他の精神を持った政治屋ではなく政治家の方が数多くいらっしゃることを心より願っております。

2013年10月 9日

夕焼け

ここ最近、秋の夕暮の撮影に燃えております。
大阪市内でもどこでも構わず写真を撮る事が多いです。そもそものきっかけは先日の五心会の番外編でKオーナーに取って頂いたサンセットSUPの写真です。

と言う事で、本日は私の写真をUPしま?す!
あ、アプリで編集しているので多少は盛ってますのでご注意を(笑)

P1000621.JPG写真 2013-10-07 16 40 46.jpg写真 2013-10-07 16 49 54.jpg写真 2013-10-07 16 39 24.jpg

一枚目はKオーナーが撮って下さった浜名湖でのサンセットSUP。めちゃくちゃ素敵でしょ?
二枚目は大阪市内、後は市外の写真です!
本当に自然が作る表情は豊かです。何気ない景色や風景が楽しみの一つに変わるのも自然に興味を持っているからなんでしょうね!
それとも年をとったのかな??(笑)

2013年10月 4日

内定式

写真 2013-10-01 14 28 29.jpg先日、弊社初となる内定式を開催致しました。
良くも悪くも他社様の内定式を拝見した事がありませんので、弊社のオリジナルっぽい内定式となった気がします(笑)

まず、場所は説明会と同じ社内の食堂での開催、そして垂れ幕と言うか看板と言うか壁に貼り付けている内定式と書かれたものは弊社人事課の中森の自筆、手作り感満載で内定者には少し物足りなかったかも知れませんが、笑いもあり温かい弊社らしい内定式となったと思います。
そして、今回は会長、比嘉工務部長、私の三名からの祝辞があったのですが、話す内容が被ってはいけないと思い部長の祝辞を読ませて貰ったら完成度の高い祝辞だったことに焦り、急遽フリープランからしっかりとした笑いありの祝辞を作りました。
ひょっとしたら内定者の皆さんは少し引いたかも知れませんが、私らしい祝辞だったと思います(笑)

2013-10-01 14.31.28.jpg内定書の授与では、私的にはしっかりと思いを込めて渡したつもりです。それに答える様に内定式終了後の研修ではしっかりと自分たちの意見を出し合い講師を務めていた中森とディスカッションを終えれたと思います。
また、今回のディスカッションではプロとアマチュアの違い、同じ意味に繋がりますが学生と社会人の違いを明確にしてもらい、残りの学生生活をどれだけ充実させることが出来るのか、そして来年4月の新社会人になる時に、同級生のメンバーよりも半歩リードした状態でスタート出来るかを理解して頂ければ幸いです。

また、違う視点から言えばこれだけ希望にあふれた新卒メンバーが入ってくるので既存社員さんも含め、皆の為にももっと良い会社を作らなければ!!と私の意識も引き締まります。この意識が自分の成長につながる事は理解しているので、ドンドン刺激を受けて更に良い会社に近づけれるように努力して行きます。

終了後は会長の計らいで、回らないお寿司を食べに行きましたが、さすがは皆ヤングマン。良く食べます(笑)
良く緊張し、良く勉強し、良く食べ、良く飲み、ざっくばらんな話もしながら内定者も弊社社員さんも楽しい時間となったと思います。

そして来月の研修では今までの自分を振り返り、自分の現状認識、そして目標を定め期限を付け、それに邁進できるような気付きを提供できればうれしく思います。

最終的には来年の4月、今よりも凛々しく成長して社員共々素晴らしいスタートが切れる様に、内定者の皆を受け入れる準備をしておくので、内定者の皆さん、楽しみにしておいてくださいね!!