2010年6月アーカイブ

2010年6月30日

ピンクのカツオ

こんにちわ!Tacです。
今日は釣りネタです。興味のない方はスルーで・・

先日ブログネタを散策している時に朝日新聞社のニュースに「ピンクの鰹水揚げ」と言うタイトルに目が留まりました。
遺伝子異常か何かかなぁと思い記事を見ていると、どうも興奮してピンク色になった様子。

記事には、カツオの水揚げ量が全国有数の勝浦漁港(千葉県勝浦市)で23日朝、口から腹にかけての部分がピンク色のカツオが水揚げされた。八丈島付近で22日朝、宮崎県の南郷漁協所属の第15事代丸が釣り上げた。体長約40センチ、約1.5キロ。船長の松浦健太郎さん(31)は「13年間、漁師の仕事をしているが、こんな色のカツオは初めてだ」と驚いている。
カツオの行動生態に詳しい茨城大地域総合研究所客員研究員の二平章さんは「釣り上げられる時、興奮状態になったカツオは、体に横シマが浮かび上がる。ただ、体全体がピンク色になるケースは聞いたことがない」と話しているそうです。

自然界にはまだまだ私たちの知らないことがたくさんあるのでしょうね。

最近気づいたことですが、私のリアクション食いの釣り方はイワシパターンでのみ威力を発揮すると思い始めてます。なぜか?それは最近一切釣れてないから・・ヽ(TдT)ノさらに考えると、毎年この時期の釣果はかなり厳しい・・
現在のイナッコ、シーバス稚魚パターンの釣りを昼休み1時間で開拓します!しかしイワシパターン開拓に2年を費やしたのに、完成はいつになるのだろうか。

因みにこの色を見た私はルアーを思い出したのですが、興奮すると色が変わると言うことは、このような色を見たフィッシュイーターはさらにテンションが上がり捕食スイッチが入るのではないかな?などと考えました。(単純なやつです)
ということで本日の昼休みはピンク、赤系のルアーで超ファーストリトリーブで攻撃的に釣行します。

内容がひじょーーに薄いですが、
今日も皆様にとって最高の一日となりますように!!



2010年6月29日

自分が源泉

こんにちわ!Tacです。
今日は自分が源泉、全ては自分の責任にあるについてお話したいと思います。

先日3年ほど前に退職した元社員から電話がありました。内容は弊社退職後転職していた会社を辞めたので、また弊社に戻りたい。と言う内容でした。そもそも彼は高専を卒業しており、弊社入社前には最大手のプラント屋さんでシーケンスを組む電気関係の仕事をしており、弊社で長所の活かし方が見つからず、辞めた理由がやりがいを感じれない。と言う理由だったこともあり、今回弊社に戻ってきても同じでは?と考えておりました。
と言うのも私自身、やりがいを見つけると言うことは本人の心の持ち方が重要で、そのサポートとして会社のシステムがあるものだと考えております。
会社を変えても、自分の得意な分野で働いていても最終的には本人の気持ち次第で、日々の業務の中に楽しいことを見つけれるか、考えれるかが重要ですよね。
幸い私は自他共に認める超プラス思考で、何に対しても楽しさを見つける事が出来る性格ですので前職でも、現場作業でも、デスクワークでも楽しみながら仕事をしておりますので毎日がハッピーです。

とりあえず、彼の考えを聞くために時間をとってもらいました。
世間話から弊社退職後に2児のパパとなっていた事や、マイホームを買った事などを聞き、改めて前回辞めた理由を聞きました。また、なぜもう一度弊社なのか?と言うことも。
理由は職場の環境。雰囲気と言ったほうが適切かもしれません。良くも悪くもアットホームな雰囲気の環境が非常に働きやすいと他社へ行かれて感じましたと。うれしい反面複雑な気持ちですが、結局は他人の責任。その組織の中で自分がどう変わればどうなるといった考えがなかったのです。そしてやりがいに関する事も今回はそれが変わるの?と尋ねたところ、現場作業を希望しますので今回は以前のような事にはなりませんと聞かせてくれました。

正直今回はお断りするつもりでした。このような理由では結局また同じことの繰り返しになりますし、会社的にはそれだけのコストを補える利益を上げていただかないといけない。現時点ではそれは無理かな?と考えておりました。
しかし現場からは1名追加してください。と言った要望も上がってきており、年代的にも現場と言う点でも一致しておりましたので、3か月の試用期間を設け採用を決める事に致しました。

この期間中に「全ての出来事は自分が源泉!」と言うことを伝えていこうと考えております。
30歳の若造が生意気なことを言ってしまいましたが、少しでも彼の為になればという気持ちです。

今日も皆様にとって最高の一日となりますように!!
 



2010年6月28日

創業者の言葉

こんにちわ!Tacです。
今日は先日行われました創業者の法事の事をお話したいと思います。

かなり私事ですが本日ちょうど創業者の7回忌となります。
私どものちょっと変わったお墓参りや創業者から学んだこと、創業者が伝えたかった事などを書こうと思いました。

創業者が教えてくれたこと。私は現場作業時代、創業者が口うるさく言っていた事を手帳のメモ欄に書きとめています。
題して「じいちゃんの言葉」

・近道をするな
・無理な拡大、投資はするな(現状を把握しろ)
・自社のレベルにあったことをしろ
・社長はしっかりと考えてから行動しろ。簡単に意見を曲げるな
・じいちゃんのしてきた苦労をわすれるな
・お客様に感謝、恩返しの気持ちを持ちつづけろ
・何がなんでも目標を遂行しろ。絶対に達成すると言う経営者の執念なくして経営者の目標達成はない

などなどです。亡くなってから7年たちましたが今でもたまに先代の夢を見ます。何気ない夢ですが会えたことにうれしくて何時も泣いて目が覚めます。本当に優しくて器がでかくて温かいじいちゃんでした。まぁ少しわがままでもありましたがそれを補っても余るほどの人間性です。(褒めすぎかな?)

そんな創業者が想像もできないほどの苦労をして築きあげてきたこの会社をしっかりと守るため日々勉強をしておりますが、月に一回はこちらを読み返します。そのたびに一歩創業者に近付けたかなとか、この部分は足りてないなぁーとか様々な気づきをいただいている私の原動力ともなっております。

そんな創業者の生前の趣味の一つがお墓のカスタム。沖縄出身の創業者はお墓参りにもこだわり?があります。沖縄の風習ではお墓参りの際お墓の前で弁当やお酒を飲みます。(私もそれが当たり前で育って来たのですが、嫁様は初めての時はかなりびっくりしておりました。)
それを大阪で出来るようにお墓をカスタムするのが楽しかったらしく墓参りに行くたびにカスタム。おかげさまで今では快適にお弁当を食べれます。
因みに私ども一族の墓参り用弁当メニューは昔からあつあげの煮物、3枚肉の煮物(ラフテー)、きんぴらごぼう、エビ、サツマイモの天ぷら、かき揚げと決まっており、これらが食卓に出ると子供たちは「墓参りメニュー」と言いだします・・
創業者から見れば子供、孫、ひ孫3代そろってお墓の横でピクニックすることが楽しいのではないかな?と思いつつ、「がんばって会社を守るから安心しといてや!」と言って帰ってきました。かなりヒヤヒヤさせてると思いますが(笑)

これからも創業者の夢や言葉を社員に伝えながら会社を発展させる事が何よりの恩返しになると思い、お客様や社員に対し感謝の気持ちを持って結果を出していきたいと再確認することが出来ました。がんばります!


本日も皆様にとって最高の一日となりますように!!
 



2010年6月23日

夢の野菜?!

こんにちわ!Tacです。
今日はドリームベジタブルについてお話したいと思います。

先日ツイッターでドリベジについて呟いていらっしゃるかたがおり、農業に興味がある私は早速調べてみました。

夢の野菜を作ろう!!遊休農地を使って、障害者や刑務所出所者、お年寄りや子育て中のお母さん、ニート・フリーターや生活保護受給者など、一般的に就労することが難しいと考えられている方々に活躍の場を作ることで、この野菜を消費すると感謝が循環し、遊休農地が解消に向かい、食料自給率が上がり日本各地で雇用が創出されるからだそうです。だから夢の野菜、ドリームベジタブル略してドリベジと言うそうです。

遊休農地と言えば先日の東京出張の新幹線から見ていて気がついた事があります。昨年までは遊休農地となっている畑が目についたのですが、そういった畑のほとんどがコメを植えておりました。遊休農地が減ることはうれしいですが、作られるお米が生産バランスや異常なほどの品質規格で大量廃棄されるのはなんとしても止めたいですよね。

それにしても壮大なプロジェクトですよね。就職、自給率、農地政策をいっぺんに解決出来る可能性があります。その分壁も多いでしょうけど、私はこういうの大好きです。
しかし、だからと言って販売単価が高ければ売れないでしょうし、品質も重要なポイントだと思います。またスーパーや外食産業など納品先によっても消費者用、業務用など野菜の質や形状を変えていかないと売れないのが現状ですよね。
取り組みや理念はとても素晴らしいと感じますが、これがビジネスとして成り立つかどうかは今後の事業計画によるものだと考えております。

現在、千葉市内に置いてドリベジが作り始められているそうです。てことはこの夏以降はスーパーにドリベジがならんでいるのかも知れませんね。

気になる方は購入してみてはいかがでしょうか?


今日も皆さんにとって良い一日となります様に!



2010年6月22日

買っちゃった・・

こんにちわ!Tacです。
今日はipadについてお話したいと思います。

先月の5月29日ipad販売日の翌日。営業の帰り道に梅田のヨドバシカメラを通りました。時間は正午過ぎで少し実機に触れてみようと立ち寄ることに。販売コーナーと展示コーナーは離れていた為、展示コーナーから立ち寄ることに。さすがに販売日翌日だけあり一目見ようと多くのギャラリーがいました。順番待ちをしている時に操作している人を見ると、Mac,iphoneユーザーと今回初めて触る人と一目で解りますね。初めての人は大抵がフリックを先ず楽しんで、アプリを一つ見ると交代します。ユーザーさんはMapでipadの解像度を確認したり、設定画面を開いて機能を確認したり。一番大きな違いは外観を見回すところですね!そんな人間観察をしながらいよいよ実機を触る順番が来ました。
まず設定画面。Wi-fiやメール、アプリの設定画面を確認。その後写真やMapなどで解像度を確認。まず第一感想は映像が非常にクリアで綺麗こと!iphoneとは比べモノにはならない解像度です!その後は無料インストールの「不思議な国のアリス」英語版。電子書籍は初めてだったのですが非常に見やすくページの移動もスムーズ。こちらもiphoneとは比べものにならないほど見やすく、操作のしやすい物でした。
この時点で「ipad言うてもiphoneのでっかいやつやん。」と考えていた私は良い形で期待を裏切られ沸々と購買意欲が出てきていました。そして私のiphoneとの決定的な違いは処理速度。私3G嫁様3GSなのでいつも処理速度の速さには憧れておりましたが、ipadは処理速度が早いことはもちろん、アプリも凄く安定していて、めったなことでは落ちません。
そんなときに店員さんが、
「本日お並びいただかずに当日お持ち帰りしていただけまーす!」
と悪魔の誘い。えっっ!マジで!昨日あれだけ並んでたのニュースで見てたのに!!と、購買意欲が大爆発。早速購入完了!ということで買っちゃいました。

それから約一カ月経過、やばいです!主に仕事で使おうとエクセル、ワード、パワーポイント、ログメインなど使用しておりますが画面が大きくなっただけでここまでiphoneと違うか!と感じる事ばかりです。そのうち営業先でipadを使いプレゼンしようとたくらんでおります。きっと珍しさや興味をついてコミュニケーションがスムーズに図れるのではなどと企みながら、夜な夜な使い方を勉強しております。
因みに家ではすでに子供のおもちゃ?!私より先に使い方をマスターしているのではないかと感じる今日この頃です。



2010年6月21日

人を変える前に自分が変われ

こんにちわ!Tacです。
今日は人間関係についてお話したいと思います。

先日社内で役員会が行われました。毎月二回行っている経営会議なのですが過去において親族のみで経営を、つまり家業として仕事をしてきたためこの会議が家族会議的な物となっておりました。
どのような会議かと言いますと議題はあるのですが
?判断基準が会社ではなく自分。
?採算性が無い。
?計画性がない。
?会議で発表した内容を実行出来ない。
?おもに親族なので聞く耳を持てない。
などと全くの時間の無駄で次に行かせる物ではありませんでした。
また、ある幹部は他の社員のお手本とならなければならないはずが、未だに採算性、計画性の無さ、指示を平気で破る、有言無実行など会社としてはふさわしくない方がいらっしゃいます。フォローでは無いですがプライベートでは本当に素敵な方です。

そんな幹部に対し人を変えるのは難しいなぁと感じる出来事が・・

ある日、私が出張前日に指示しておいた2点の事を見事にひっくり返されました。そしてその行動はその幹部からではなく、現場社員からの報告により知りました。
「社長がこうやって言ってたけど、○○さんこうしてたでー。」と・・
「はあ??!!」
正直今回が初めてではないですし現場社員もまたや。みたいなニュアンスでした。一番困る事は今まで誰の指示を聞いて良いのか解らなかった現場社員に対し指示したことを平気で破られる事がリーダーシップの妨げになっております。
今回上記の内容を打破すべく、色々と仕組みを作り上げての開催となりました。
チェック機能の活用、過去の予定・実績・今後の予定の発表、議事録、開催前に議題の配布、資料の準備等々、会議体と決まりごとと言う物を作りそれに沿って開催しました。
その会議中、ある幹部の行動予定実績の発表後に指示を守らない、採算性が無いと注意をしたところ、激しく口論となりました。
原因を聞いても、間違った行動をしていると理解してもらうために角度を変えて話してもその方は聞く耳を持ちません。最終的には「ほんなら今の未採算の作業は全部やめてしまえー」と一撃必殺をお見舞いされました。
その後も色々と話しながらがんばってみましたが、結果は平行線のままでした。

その後、人と人のつながりについて考えてました。
今回の口論までにも、この幹部に対し肯定してきました。が結果会社の意思とは逆方向に進んでしまい、角の立たないように注意もしてきました。今回は自分の思っていることを全てぶつけました。しかし結果は変わりませんでした。

誰の言葉か忘れましたが、「人を変える前に自分が変われ」と聞いたことがあります。この言葉はお互いが相手に対し思いやりを持つことと、人の責任ではなく先ずは自分の責任である。ということを言っていると解釈しておりますが、やはりお互いにこの気持ちがないと円滑には行きませんよね・・
私自身まだまだ未熟です。もちろんもっともっと成長出来ると思っていますし変われるとも思っています。
が、後はどう変われば良いのか非常に悩みますが、前を向いて進み続けます!

今日も皆さんにとって良い一日となります様に!!



2010年6月14日

Co2削減に貢献できるナビゲーション

こんにちわ!Tacです。
今日はCo2関連のお話をしたいと思います。

いきなりですが、皆さんナビゲーション総合サイト「ナビタイム」をご存知でしょうか?
簡単に説明させていただきますと、電車・飛行機・車・バス・徒歩など様々な交通手段に対応したルートを案内する総合ナビゲーションサービスです。また、携帯電話やモバイルフォンなど向けにも専用アプリを出しております。こちらのほうをご存じの方が多いのではないでしょうか?
私自身、4?5年ほど前ドコモの携帯を愛用している時にアプリケーションでナビタイムを使用したことを覚えております。正直なところ使いにくかった印象があります。

しかし、このたび情報収集にてナビタイム内で「エコ特集2010」を提供を開始したと知り、久しぶりにHPを見たのですが、かなり便利で魅力的なものとなっており少し驚きました。
上記のエコ特集2010では、カーシェアリング対応施設の紹介や、パーク&ライドに適した駐車場、エコバックやマイカップの持参を推奨している店舗の紹介、レンタルサイクルのできるスポット、電気自動車用充電スタンドのあるスポットなどが検索できるようになりました。さらにルート検索結果にはCo2排出量を記載し、またCo2排出量の少ないルートを優先して表示する「エコルート」の提供も始めたそうです。
実際に幕張メッセから東京タワーまでのルートを検索した画像が記載されておりましたがルート表示順の項目に、時間の短い、運賃の安い、乗り換え少ない、歩き少ない、そしてCo2の少ないと言う選択肢があります。午後から尼崎へ出かけるので試しにルート検索してみることに。
出発点の決定をする時、住所検索時に近隣の会社名が出てきました!より確実な場所指定ができますね。そして弊社を選択後、到着場所も住所と会社名でキーワード検索、一発で設定完了です。
その後ルート表示と共に走行距離と所要時間、そしてCo2の排出数量(概算)が表示されました。実際に走行するルートの排出量を把握することが出来るのは、すごく魅力を感じますね。
Co2削減にしても、コスト削減にしても、とりあえずは現状把握をしないと始まらないので移動時のCo2排出量の見える化は、これからも注目度は高いのではないのでしょうか?

ただ、一点注意が必要です。実際にCo2削減に取り組まれている企業様はご存じだと思いますが、Co2の算出方法は環境省地球環境局から「地球温暖化対策地域推進計画策定ガイドライン」と言うものが出されており、こちらの算出規定に従わなければなりません。また自動車の場合はメタンと亜酸化窒素のCO2換算分を加える必要がありますし、業種によってその生産設備などの条件毎に、メタンや亜酸化窒素などの「温室効果ガス」をCO2換算したものを加えることにもなっています。
少しややこしいですが、ガイドラインのリンクを張っておきますので興味のある方はご一読ください。

今日も皆様にとって良い一日となりますように!



2010年6月11日

Krispy Kreme Doughnuts!!

こんにちわ!Tacです。
今日は先日出張帰りでお土産に買って帰ったクリスピークリームドーナツについてお話したいと思います。

関東の方は余りレアでもないかもしれませんが、大阪では未だレア中のレア!心斎橋店が4月29日にオープンしてから1ヶ月と少したちましたが、行列は続いております。休日などはドーナツを買う為に3時間近くも並ばないと買えない状態です。3時間ですよ?!心斎橋店で購入された方はかなりの気合の持ち主です。

そんな大人気のドーナツ屋さんですが、前々回の東京出張の出発前日に嫁様から、「今日職場の差し入れでクリスピークリームドーナツ食べてんけど、かんなりうまかった!」と聞いており、俺のは?と思いながらも「並んだの?」と聞くと、東京からの帰りで、関東では並んでいない。と情報を聞いておりました。そんな嫁様の要望もあり、出張の帰りに有楽町へ立ち寄り有楽町店へ行ってきました。
並んでいないと言っても多少は・・とある程度の覚悟をしていたのですが、全く並ばずにすんなり購入に成功!逆に初めてでどれがおいしいのか、人気があるのかは解らなかった為、また並んで悩む時間が無かった為、「全種類ちょーだい!」と言って大人買いをしてしまいました。

購入後、ドーナツが12個入る大きなピザの箱のような物を二つ抱えて家路に付く時、かなりの注目を浴びて恥ずかしかったです・・
実は心斎橋店オープンの時、ニュースで3万円分のドーナツを買っている方にインタビューされており、心の中で「大の大人がそんなに買って・・」と思っていたので、少し後ろめたさと、見た目のいかつい私が大きな箱2つ持って嬉しそうに歩いている姿が関東の皆さんには奇妙に見えていたのでしょう。
また大阪に帰ってからは「ゲッ!クリスピードーナツや!」てな感じでうらやましそうな視線を沢山感じます。梅田を歩いている時は5人位の方に二度見されました。視線がドーナツ⇒私の顔⇒ドーナツみたいな感じです。

なんだかんだで家に着いたら、子供達、嫁様に「ありがとう」とお礼を言われ、みんなの喜ぶ顔がかなり嬉しかった!
で、肝心の味ですが、どれも結構おいしいのですが、やっぱりオリジナルのドーナツ、「オリジナルグレーズド」がおいしかったです。これをレンジで8秒暖めてから食べるのですが、すごくふわふわ、やわらかくて甘くて、一気にファンになりました。またオリジナルの上にチョコがかかっている「チョコレートグレーズド」もお勧めです。チョコの味がかなり濃くておいしいかったです。

あと全種類は食べておりませんが、この二つのドーナツが家でも人気だった為、次回購入時はこちらのドーナツを大人買いとターゲットを絞り、昨日の出張の際にも行ってきました有楽町!今回はオリジナルとチョコレートの二点で家族、友人用に30個のお買い上げ!やはり帰り道、特に大阪市内は注目を浴びましたがその分家族、友人の喜ぶ顔が見れたのでうれしい限りです。

と言う事ですので、もし関東の方が大阪に来られる際、お土産にクリスピークリームドーナツがあれば、かなり先方に喜ばれると思いますよ!大阪では3時間を並ばなければ購入できない知名度の高いドーナツですから。正し、まわりからの視線は覚悟してくださいね!私も次回は社員さんの分も購入して帰ります。

今日も皆さんにとって最高の一日となりますように!

クリスピークリームドーナツ 心斎橋店 (カフェ / 心斎橋、四ツ橋、長堀橋)



2010年6月10日

環境に良い事って...

こんにちわ!Tacです。
今日は先日東京で行われた船井総研さん主催の廃棄物経営者研究会のお話しをしたいと思います。

先日は上記の研究会に参加するため、東京に出張しておりました!
毎回こちらの会では己の未熟さを知ることが出来、さらに同業他社さんの先進的な取組やアドバイスをいただく事ができる為、出張費を使ってでも出席しております。

今回のテーマは排出企業からのゼロエミ要請についてでした。
弊社は再生資源がメインな為この様な依頼はたくさん頂きます。また、こちらから提案をしてお客様のコスト削減に繋がった時は非常にやりがいを感じます。

また、講義中に船井総研さんがお話していた事で、これからは廃棄物の削減提案を顧客にしていかなければならない。とおっしゃっておりました。
自分の仕事を否定する訳ではないですが、おっしゃる通りだと思います。私自身社長になると腹をくくった時に、環境に良い事、環境の本質は何だろうと?と真剣に考えました。その時に行き着いた答えがまさに、
より良い地球を未来に残す事⇒自然エネルギーの活用や、省エネ、省資源⇒廃棄物の減少⇒中間処理工場が無くなる事が(無くなってもリサイクル出来る事が)本当の意味での循環型社会形成、地球環境付加軽減に繋がり、私たちの子供や孫、この先を担って行く子孫へ綺麗な地球を残せる事だと考えたからです。

理由は簡単です。自然エネルギーの活用、省エネは分かりやすいですが、廃棄物の減少について例えばアルミ缶の様に単一素材で、処理がしやすく、価値のある素材だと回収時に異物が混入しなければ中間処理工場が無くても充分にリサイクルループに入れる事が出来ます。そうすれば中間処理工場で使用するエネルギーは使用しなくても良いですし、企業さんも大きなコスト削減に繋がります。そのコスト削減分で更にCSR活動を強化して地球保護に投資をすれば一石二鳥以上の効果があると思います。と素人の様な考えに至ったからです。
(上記の考えは環境を基準と考えた場合で、あくまでも個人的意見です。)

もちろん実際に上記の事をするとなると実現はかなりむづかしいですよね。環境の為、リサイクルしやすい為だと言って商品のパッケージをお粗末にすると購買意欲の低下を招き途端に売れなくなるでしょうし、利便性、耐久性を求めずに単一素材の樹脂で商品を販売しても使い勝手が悪くなりこれまた売れませんよね。リサイクルや環境を追い求めると、デザインや利便性、耐久性が悪くなってしまう為、製造者さん達が踏み切れないのが現実だと思います。その為消費者さんの理解、協力が無いと環境配慮型の消費形態には代われません。また廃棄する時も消費者さんの意識が変わらないと異物混入は防ぐことができませんよね。
環境は消費と一体で連動している為、複雑ですよね。
とは言っても環境ビジネスとして事業活動を行っている訳ですから、雇用の創出や、顧客や地域の方、地球負荷軽減に貢献する為にも業として続けなければなりません。

まぁ上記の理由から製造者も消費者も同時に意識の改革、また環境に対する考え方を変えても今の日本の消費形態では難しいと思いますので、必要性がある間は少しでもお客様のお役に立ち、環境に地球の為に、そして社員の為に頑張って行くつもりです!


という事で今日は私たちが生活している地球に感謝して仕事に励みます!
今日も皆様にとって最高の一日となります様に!



2010年6月 9日

とんかつ&串揚げ かつ六(昔の恩師が働くお店)

こんにちは!Tacです。
今日は先日お邪魔した南堀江のお店、「とんかつ&串揚げ かつ六」さんのお話をしたいと思います。

先日会社から自転車で帰宅している途中に、昔のスイマー時代の恩師である、荻田(コーチ)さんに偶然会いました。もちろん10年程お会いしてなかったため、荻田コーチは気づいておりませんでしたが、私から声をかけ、ご無沙汰しておりますと世間話をしておりました。また、数年前に私の通っていたスイミングスクールはつぶれてしまい、移動されたコーチと辞めたコーチがいる事も友人から聞いておりましたため、「今仕事は何されているのですか?」と伺ったところ、スイミングのコーチを辞めてからトラックの運転手をしていたが、頸椎ヘルニアのためトラックに乗れなくなってしまい、現在はお兄さんが経営しているとんかつ屋で仕事をしていると教えてくれました。また、別れ際に6月中は感謝祭で生ビールが半額の250円やから一回来いよ!と言われておりました。

で、実際に行ってみました!お店自体はひっそりとしており、お店の場所もかなりマニアックなため気づきませんでしたが、自宅のすぐそばにあり店構えも綺麗めな感じです。またお店の場所柄か、ランチも営業しており定食やセットメニューがかなりお得感がありました。
そして肝心の味ですが、全体的においしいですが、ひとつかなりお気に入りのメニューがありました!とんかつ屋さんでは結構使われている鹿児島県産の茶美豚(チャ-ミントン)を使ったポークステーキ(トンテキ)です。やばいです!かなり美味です!結構な厚みがあるにも関わらず、すごく柔らかく、脂身もしつこく無くて甘みが強い、そんなお肉を塩コショ-と酒、若干醤油?で焼き上げ、ネギゴマをかけていただきます。確実にリピーターレベルです。相当良いです。
今度行ったときにはゴマ油掛けてもらうようにお願いしてみよう・・。

で、ひと段落したときに昔の話になりました。色々と懐かしいお話をすることが出来てかなり楽しかったです。また、昔の恩師にビールおかわり!と言ってついでもらうのが正直戸惑いましたし、荻田コーチも「俺にやらすんか?」と冗談で言っておられました。いやー体育会系のノリ久しぶりです。やっぱ楽しー!!

そうそう、そういえばお店の中にはお客様が書かれた願い事の紙がたくさん掲示されておりました。来られたお客様に夢を描いてもらい、それを掲示しているそうです。その様子は恩師が書かれているブログ「南堀江とんかつ屋「かつ六」の太腕繁盛記」に乗っております。一度のぞいてみてください!因みに私たち家族の写真が見れるかも・・


くし工房 かつ六 (串揚げ・串かつ / 汐見橋、桜川、西長堀)

 



2010年6月 8日

支えられている事を実感・・

こんにちは!Tacです。
今日は先日行われた子供たちの参観日の事をお話したいと思います。

先日二女と長男が通う幼稚園で参観日がありました。昨年までは長女を含む、三人の授業を私と嫁二人で交代で見て回っていたので忙しかったですが、今年からは二人なので交代で落ち着いて見れました。
今年から二女は年中さんになったので大分としっかりしてきたなぁと思っていたのですが、幼稚園ではいつも通り?マイペースぶりを偉観なく発揮し、回りの子供たちが一生懸命歌ったり、踊ったりしている中、二女は体操やお歌は見事にスルーをしておりました。かなりの気分屋です。
その後父兄とともに小麦粉で粘土を作ると言う授業があり、粘土!!と聞いてかなりテンションが上がり、「パパ、上手につくってや?」と念押しされました。私も初めて粘土を手作りしましたが、かなり簡単に作れます。
?まず小麦粉500g程度に紙コップ半分ほどの塩水を混ぜながら少しづつ入れていきます。
*注 しっかりと混ぜながら入れないとやらかい粘土と固い粘土と別れてしまいますので高速で混ぜてください。(粉が飛び散らないように注意です。)
?そのまま混ぜていると、粉同士が固まってきます。細かい小麦粉が無くなれば後は手でこねていきます。かなり良くこねたほうが良いみたいです。途中で疲れてきますが気合いでこねまくります。
?後はお好みで食用色素などを使い色づけすれば完成です。
いやーこんなに簡単だとは思いませんでしたが、このこねる作業はかなりの重労働ですが、子供たちはすごく喜びますので、一度ご家庭で試してくださいませ。
作り方のHPへのリンク載せておきますね!

と、話を戻しますがその粘土を使って自分の好きなものを作るというのが今回のテーマです。周りのお友達は車など各自好きなものを作っております中、うちの二女は、「あげは(長女)もうすぐ誕生日やからケーキつくんねん!」とプリンの容器を使い一生懸命ケーキを作っておりました。泣かせるヤツです・・
その事を長女に伝えると、うれしそうに笑顔になり、二女にあったときには「くれはー!!(二女の名前)」と言って抱きしめておりました。このような光景を見て私は、「あー、家族っていいなぁ?。」と腹の底から感じ、そして仕事がんばるぞ!とエネルギーがわいてきました。と同時に、自分は子供にも支えられている事を痛感しました。嫁様、子供たち家族から貰うこの部分は非常に大きいと思います。

今回の参観では、親が子供を支えているものと言った固定観念が外れました。うすうす子供に育てられているとは感じていたものの、親がしっかりしなくちゃ!という思いから中々認めたくありませんでしたが、これからは子供にも感謝の気持ちを伝えていきたいと思っています。


皆さんは家族に感謝の気持ち伝えていますか?



2010年6月 7日

環境展

こんにちは!Tacです。
更新が遅くなっておりますが、本日から再開いたします。これからもよろしくです。
今日は先月末に東京ビックサイトにて行われた環境展についてお話したいと思います。

先月の5月25日から28日の四日間、東京ビックサイトで日報アイ・ビーさん主催の環境機器等の展示会、環境展が開催されており、二年ぶりに足を運びました。実はこの環境展、大阪の南港でも秋ごろに開催されます。これまでは大阪の環境展に行っておりました。コスト面でもかなり違うので。
しかし数年前に横浜で用事があり初めて東京の環境展に行ったのですが、その規模の大きさにかなり驚きました。大阪でもある程度の出展があるのですが、東京での開催はさらに多数の企業さんが出展され、ジャンルも広く真剣に見て回ると1日では回りきれないほどです。それ以降、出来る限り東京の開催にお邪魔することとしております。

今回の環境展はここ数年に比べ出展されている企業様も、見学に来られる企業様も勢いがあるというか、みなさん明るいというか、そのような印象を受けました。これも各企業様の業績が安定してきている証拠ではないかなと勝手に推測しております。
また個人的に一番気になったのは環境配慮型パッカー車です。新明和さん、富士重工さんが展示しておりました、電動型塵芥収集車です。
実際お使いになられている方ならお分かりだと思いますが、積み込み中のエンジン音はかなりの騒音だと思います。こちらのパッカー車は積み込み時のエネルギーを電気で稼働させるため、アイドリングをせずにエンジンを切っていれば多少の稼働音はするものの、静かなものです。特に深夜の一般廃棄物、病院などの回収には効果を発揮するものだと考えます。

また、京都市では、環境モデル都市として,低炭素社会の実現に向け,電気自動車など環境性能の高い次世代自動車の普及を推進しており、極東開発工業株式会社により開発された「電動パッカー」(ごみ収集車)を,京都市が全国で初めて導入します。 また,政令市初の「太陽光発電充電設備(蓄電機能付)」を京都市体育館(西京極)に設置します。これは,CO2を排出しない「カーボンゼロ自動車」の実現を目指した取組として,太陽光で発電した電力をリチウムイオン電池に蓄電し,それを電気自動車に充電する充電設備も導入したそうです。完全なる自然エネルギーの活用ですよね。因みに効果としては、約30%の燃費向上、窒素酸化物(NOx)の削減、収集時の騒音を大幅に低減が見込めるそうです。
車体自身は普通のトラックで、化石燃料を使用しないと動かないですし、積み込み時にちゃんとアイドリングを止める事が出来るかが結果を左右しそうですが、中々楽しみな取り組みだと思います。

それに低炭素化社会の実現において、4年ほど前から省エネ商材の展示が多くされるようになりました。屋上緑化や断熱塗料、LEDやCCFLと言った商品です。今年も会場の4分の1程度を使用し各社様が出展されておりました。いやぁー毎年増えてますね。そのうち独立した展示会が開かれるのではないだろうか?とひそかに考えおります。
しかし出展している側の企業様の意見を聞いていると、出展しても昔のような販売効果は得られないが、ある程度の注文は入る。ただ出展料と比較するとそんなに魅力のあるものではないとおっしゃっておりました。確かに昔の環境展は展示されている機械に「売約済み○○株式会社」と言った垂れ幕のようなものが大量にかかっており、販売効果が高かった様な気もしますが、最近は商談自身かなり少ないことは各ブースを見ていても一目瞭然です。この業界自体が転換期を迎えているのかも知れませんね。