2011年3月アーカイブ

2011年3月 4日

博多水炊き 華味鳥

今日は先日お邪魔した心斎橋のお店、博多水炊き華味鳥のお話です。
o0800060011029820211.jpgのサムネール画像
皆さんは博多の水炊きを食べられたことがありますでしょうか?最近は蕎麦よりも水炊きにぞっこんです。
博多以外では水炊きと言えば昆布だしのお鍋を想像しますよね。我が家でも水炊きと言えば昆布だしのお鍋が出てきます。
今回お邪魔した華味鳥さんでは博多水炊きなので、鶏肉を煮詰めて作った白湯スープのお鍋です。
現在華味鳥さんは外食産業をされていますが、元々は卸業をしていたそうです。そんな折り、数々の料理店とのお付き合いを重ねる中で水たきと出会い、鶏肉に対するこだわりから、自ら水たき屋を始めましたが、最初は失敗の連続でよくスープを捨てたられたそうです。その試行錯誤の結果、美味しさの秘訣は、原点の鶏自身にあると気がつき、沢山の飼料を与え、狭いスペースで飼育し短期間で育てる、これでは歯ごたえ があり旨味ののった鶏肉は出来ないとさとり、自らが独自の飼育、専用飼料にこだわり、現在の「華味鳥」が生まれたそうです。

まず始めに、その独自開発された華味鳥を煮詰めて作ったスープを頂きました。ほんの少しの塩とネギを入れて戴きます。コラーゲンたっぷりのスープはコクがあるのにすっきりしていておいしかったです。
o0800106711029820225.jpgそしてお待ちかねの鶏肉です。ぶつ切りにされたものと、胸肉、もも肉、ハツ、特性つくねをいただきました。中でもぶつ切りのお肉がすさまじくおいしかったです。スープ自体の味があっさりしているので鶏肉の味がすごく分かるのですが、肉の臭みが少なく、鶏本来の旨味、甘味が引き出されています。歯ごたえもあるのですが堅いのではなく、ぷりっぷりでした。あまりのおいしさに追加注文しちゃいました。
その後〆の雑炊orちゃんぽん麺を選べるのですが、結構おなかがふくれていたのでちゃんぽん麺を食し、お会計。会計の時にスープのあれこれや、店の歴史を聞いていると、店員さんから店で使用しているお試しサイズ?のコラーゲンスープの頂きました。内緒と言っていたので皆さん頂いているのかは不明ですが・・
なにはともあれ、大満足でお店を後にし、翌朝。気のせいかもしれませんが、なにかお肌が綺麗で張りがあるような・・普段から美容のことは全く気にしませんが普段とは違ったような気がします。女性の方は是非一度お試しください。


2011年3月 2日

ゴミ説法者制度

先日、弊社に白浜町から紙カップのリサイクルに関する勉強をしたいと工場見学の申し込みがあり、実際に見学していただきました。
当日は白浜町役場から3名、ゴミ説法者としてリサイクルに関心の高い住民の方が10名弱お見えになりました。
早朝に白浜を出発し、午前中に弊社(大阪)、午後から兵庫県龍野と言った結構厳しいスケジュールに驚きながら、工場見学をすることに。
まず、紙カップの選別作業を見学していただき、その後原料とするための工程を見て頂きました。
また、弊社メインの容器選別処理工場の見学を軽くして頂き、食堂で質疑応答の時間を設けました。
質疑応答では本当に環境に熱心なんだなと感心させられる質問が多数あり、中でも
「我々ゴミを捨てる側として何か協力できること、また質問はありませんか?」
と逆に質問していただき、驚きました。
しかし一番多かった質問は、現場作業に関する内容でした。リサイクルとか環境とか言えば、とてもきれいな、もしくはクリーンなイメージを持たれる方が多いのですが、現場作業は綺麗なものでもないし、こういった工程がないと、ゴミを資源として使用することはできません。
また、資源ごみとして(一般家庭から)排出されるものは分別され洗浄され異物も少ないのですが、民間企業様から頂くものは、不特定多数の方がゴミを捨てられますし、特に大阪の場合は分別に関する意識が非常に薄いので様々なゴミが混入してきます。特に弊社の場合、後者の処理を25年しており、選別の順番やプラントもそれに特化したライン構成になっております。手前味噌になりますが、弊社の選別のプロは一人当たり一日平均2万本のPETボトルを選別しており、そのスピードは圧巻ですよ。

話を戻しますが、白浜町のゴミ説法者制度についてお話させてください。
ごみ説法者は町民の中から公募により選ばれ、各地区月1回開かれる資源ごみステーションにおいてごみの排出を町民に指導する他、ごみ減量リサイクル化推進のための啓発活動等を行っている制度のことです。白浜町役場の方が言うには、
「皆さん(説法者)ゴミ出しの日には周辺住民から一目置かれている存在です。おかげさまでリサイクルやゴミの減量に貢献していただいております。」とのこと。
確かに私の子供の時、近所にカミナリ爺さんがいて、よく叱られたものです。その中でいたずらの範疇を覚えたと思います。
ゴミに関しても誰かが指導、教育をしていかないとゴミの分別、減量が進まないですよね。とても素晴らしい制度だと思います。
是非大阪市、もしくは区、町単位で取り組みが出来ないものか考えていきたいです。
白浜町の皆さん。工場見学に来ていただきたくさん勉強させていただきました。本当に感謝申し上げます。また機会がございましたらよろしくお願い申し上げます。